読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行ってみた。

とにかく行ってみる。百聞は一見にしかず。

モルディブ旅行記 リゾート初日:センターラ グランド アイランド リゾート & スパ 2013.03.25

モルディブへ新婚旅行に行ってみた。

センターラ グランド アイランド リゾート&スパ へ出発!

 

4時起床。

興奮からか眠気はそんなになく、

リゾート到着へ向けてワクワクしている。

マーレ空港に到着してからは、もう半袖短パンでいい気がする。気温的に。

 

朝食をとりに食堂へ行くと、我々とホールスタッフ1名のみ。

部屋の番号を伝えて食事開始。

ビュッフェ形式で、適当に皿にとる。

リゾートでは、初日の昼食は出ないので、一応しっかり食べようと試みる。

ベーコンはNG、チキンの照り焼き的なのはいけました。

 

部屋に戻り荷造りなどして、5時10分にホテルのロビーへ集合。

 

センターラ・グランドアイランドリゾート&スパ・モルディブ

(Centara Grand Island Resort & Spa, Maldives)

 

へ行く人々でまとめてボックスカーの乗って空港へ。

 

昨晩到着したマーレ空港で、チェックイン。

名前の区切り方を間違えられた。。

水上飛行機でリゾートまで行くのだが、

荷物制限は厳しいようで、手荷物含めて1人20kgまで。

それ以上は別料金だそうです。

 

次は小型バスに乗って、

さらに20分ほど行った、水上飛行機乗り場へ。

 

じわり夜が明けてくる。

 

搭乗ラウンジ的な、吹き抜けのロビーで待っていると、

何機か離陸していくのが見える。

プロペラの音に興奮する!

 

f:id:yomumirutaberu:20170121081348j:plain

 

いよいよ我々の離陸の番。

浮島?のような通路を通って飛行機へ乗り込む。

滑走路(実際は海)に移動して、いよいよ離陸。

 

初めて環礁を生でみる。

 

機内は扇風機しか空調機器がなく、蒸し暑い。

途中で、環礁が見えてウレシクなる。

 

f:id:yomumirutaberu:20170121081351j:plain

 

リゾート近くにお着水して、

一旦、浮島?のようなところに人と荷物が降ろされる。

リゾートから船が迎えに来ていて、浮島からその船でリゾートに向かう。

 

↓こんな感じで島に近づく。

f:id:yomumirutaberu:20170121081357j:plain

 

到着は8時くらい。

欧州系の女性スタッフが英語でエスコートしてくれる。

ゆっくり話してくれるので、なんとか理解可能(自分TOEIC600点代)

アクアバーに併設されたレセプションでウェルカムドリンクをいただく。

おそらくマンゴージュースだが、濃厚すぎて全部飲めない。

 

到着した人たちで、まとめてロビーで説明を受ける、英語で。

レストランの場所、チェックインの時刻、オールインクルーシブの内容、などなど。

 

)オールインクルーシブ

カリブ海が発祥とされるリゾートホテルの料金システムで、

今では世界各地に広がりつつある。

“all-inclusive”(すべてが含まれる)という意味の通り、

宿泊料金に食事からスポーツメニュー参加費まで

リゾート内でかかるあらゆる料金が含まれている。

 

水上ヴィラへのチェックインは14時とのこと。

支配人ぽい人から

「あなたたちハネムーン?だったら、

 最後はサンセットヴィラだよ、すごく素敵だよ♪」

的なことを英語で言われた。

 

水上ヴィラを途中でチェンジするプランだったのか?初耳。

 

※HISで申し込んだが、パンフレット、店員、現地スタッフで結構食い違いあり。

 

ヴィラへのチェックインまでの5時間をどうするか。

と思ってたら、

アイランドクラブを利用する人だけ、アイランドクラブに移動。

 

クラブ内はエアコンが効いていて快適。

とりあえずコーヒー飲みながら休憩。

 

水着など、スーツケースの中に入れたままなので、

バーでアルコールか解禁される10時まで粘る。

(※11時解禁の表記も見かけた。不統一?アイランドクラブ利用のみ?)

 

島をゆっくり一周歩区と、だいたい20分くらいでした。

f:id:yomumirutaberu:20170121081401j:plain

 

島を一周し、アクアバーに到着。

まだアルコール解禁まで1時間くらいあるので、海辺のソファーでくつろぐ。

当然だが、日本では見られない風景を満喫。

 

ようやく10時。

バーでスパークリングワインをオーダー、

ようやく乾杯。嫁ご機嫌。

初日の昼食はないので、

ANAラウンジでもらってきた乾きものでごまかす。

 

寝不足空きっ腹でいきなり飲んだので結構酔いがまわる。

酔った嫁に食事の予約について詰められる。久しぶりの海外で不安なようです。

 

ついでにもう1つのバー、コーラルバーもチェック。

違った雰囲気でこちらも良いが、

ヴィラとの距離的な問題であまり利用はしなかった。

f:id:yomumirutaberu:20170121081408j:plain

 

他カップルから、レセプションで急かせば部屋に入れる!?

といった情報を得て、急かしてみる。

 

若干早めにチェックインできました。

広くでいい部屋。

ベッドにはハネムーンのデコレーションがあり、

特典のスパークリングワインとフルーツが置いてありました。

アメニティもタオルも整ってます。

 

オークインクルーシブ利用ということで、

無料でシュノーケリングセットが借りられる。

早速借りてきて、部屋に戻ったら、嫁は既に海でプカプカしてました。

上機嫌で何より。

 

水上ヴィラのベランダから直接海に下りる階段があり、

そこからすぐに海水浴可能。サンゴ礁に魚がたくさん群がっている。

 

モルディブでタイ料理をたべる。

 

少し休憩してから、夕飯。

初日はタイ料理のロータスを利用。

結局ここが一番のお気に入りになりました。

 

ビールはもちろんライオンビール。

 

ライオンビール

スリランカのビールです。アジアでも屈指の歴史を持つ醸造

ライオンブリューワリーの定番商品。

リゾート地モルジブで一番飲まれているビールがライオンラガーらしい。

 

食事は串焼きみたいなのと、スープなど。美味。満足。

 

f:id:yomumirutaberu:20170121081415j:plain

f:id:yomumirutaberu:20170121081417j:plain

 

夜景を楽しみながら、水上ヴィラに戻る。

この通路、酔って落ちら人はいないのか!?

(※滞在中、落ちることはなく、落ちる人も見なかった)

 

f:id:yomumirutaberu:20170121081421j:plain

 

部屋に戻ってのんびりしてたら、ソファで嫁寝落ち。

ベッドに運んで本日のミッション完了。

 

エアコンの設定がうまくいかず、暑くて夜中に目覚める。

入り口付近のカード抜き差しで再起動、その後快適に眠る。