行ってみた。

とにかく行ってみる。百聞は一見にしかず。

鯉の泳ぐまちに行ってみた。(長崎旅行記2)

今日の行程は、

雲仙岳災害記念館〜鯉の泳ぐまち〜四明荘〜武家屋敷〜島原城〜六兵衛〜雲仙地獄〜雲仙ナイトツアー。

 

 

目覚める。

山沿いだからか、非常に湿度が高い。

からっとしたシーツの感じはここでは難しいようだ。

 

朝食はエッグベネディクト。美味しい!

朝から泡も置いてありました。

 

 

今日は島原市街へ。

途中、雲仙岳災害記念館に行ってみた。

雲仙普賢岳の災害の記録が生々しく、重く受け止めざるを得ない。

 

その後、駐車場に車を止めてから、散歩。

 

鯉の泳ぐまちに行ってみた。

街の路傍に水路が巡らせてあって、本当に鯉が泳いでます。

何より水が綺麗、そして涼しげ。

 

 

四明荘に立ち寄り。

おばちゃんがお茶を出してくれました。

すごく派手な靴下を履いてらっしゃいました。

 

 

ここの庭はほぼ池というか湧き水で、鯉もたくさん泳いでます。

相当な量の湧き水が湧いてるそうです。

 

 

商店街など散策して、

青い理髪店っていう何で旅行ガイドに載ったのかいまいちわからない場所を通過し、

 

武家屋敷に行ってみた。

人形も据え付けてあって、当時のままのような感じ。

 

 

中央の道には水路がありました。生活用水にしてたのかな。

 

 

続いて

島原城に行ってみた。

はい。天草四郎が籠城したところですね。

 

 

甲冑の陳列もありました。

これ着て動いたら大変だろう。

 

 

階段をひたすら登って、何とか天守へ。

雲仙普賢岳がバッチリ見えます。

雲仙岳災害記念館を見た後なので複雑。

 

 

こちらは西方向。

鯉の泳ぐまちがある方向です。

 

 

お腹が空いたので、

六兵衛へ行ってみた。

店名にもなってますが、島原の郷土料理ろくべえがいただける居酒屋です。

薩摩芋を使った麺だそうです。ほんのり甘い。。

ご馳走さまでした。

 

 

いったん、雲仙観光ホテルに戻って、おやつタイム。

プリン。固い系です。美味しい。

 

 

雲仙地獄に行ってみた。

ホテルから歩いて数分です。

温泉地特有の硫化水素の匂いが立ち込めてます。

 

 

再びホテルに戻って休憩、そして夕食。

 

 

夕食の後は、雲仙地獄のナイトツアーに参加。

ガイドさんの解説があるとこうも違うものなのか!!おすすめです。

 

 

二日目お疲れ様でした。

 

 

 

雲仙・島原湯煙地獄 (光文社文庫)

雲仙・島原湯煙地獄 (光文社文庫)