読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行ってみた。

とにかく行ってみる。百聞は一見にしかず。

歌川国芳の作品を見に、府中市美術館に行ってみた。(府中市浅間町)

府中駅から徒歩15分くらい。

府中の森公園につきました。

 

こどもの日というだけあって、

子連れ家族がたくさん来てました。

 

夏のような日差しで、緑が鮮やか。

 

 

府中の森公園の北川に、

府中市美術館はあります。

 

目当ては歌川国芳

 

 

歌川国芳は江戸時代末期の浮世絵師。

寛政9年11月15日(1798年1月1日)~ 文久元年3月5日(1861年4月14日)

 

国芳45歳の時。

老中・水野忠邦による天保の改革

質素倹約、風紀粛清の号令の元、

浮世絵も役者絵や美人画が禁止になるなど大打撃を受ける。

 

その天保の改革付近の絵もあって、

当時の苦労がうかがえました。

 

また、国芳は無類の好きとしても知られています。

 

 

美術館、入口も立派。

10時過ぎに到着しましたが、

既にチケット売り場には行列ができており、

自分達が入館するころには、入場規制が実施されてました。

5分おきに10名くらいずつ入館でした。

 

 

歌川国芳 21世紀の絵画力」

のポスター。

 

チケットに半券が2つついていて、

2度目の入場は半額だそうです。(350円)

明後日で終わりだけどね。

 

 

解説のラジオは300円で貸出。

あると便利ですね。

 

洋画家牛島憲之の常設展もあり、そちらもチェック。

穏やかな色彩と柔らかな線の風景画から、

なんとなく近未来的な印象をうけ、

星新一の作品の挿絵になかったかと後で調べてみたが、勘違いでした。

 

帰りは公園を散歩。

よい天気で気分爽快。

 

 

丘の芝生で寝ころんで昼寝したい。。

 

 

友人宅にお邪魔してから、

帰り際に、大國魂神社のくらやみ祭りを見学。

 

すごい混雑。。

 

ツレは屋台で買い物したかったそうだが、

駅へ直行。

 

 

なんとか府中駅にたどりついた。

まだ20時くらいだったので、電車もそれほど混雑してなくて助かった。