行ってみた。

行ってみた。百聞は一見にしかず。

お米を作りに群馬県に行ってみた。まずは田植えから。(東吾妻町)

友人の誘いで、お米作りに行ってみた。

 

群馬県東吾妻町

真田氏の拠点だった岩櫃城跡がある場所です。

 

都内からは車で3時間弱。高速降りてからが長い。

 

概要は、

町おこしで実施している農業体験プログラム。

田植えから、稲刈り、脱穀、餅つきまで体験できます。

今回は田植え。

 

あいにく、天候は雨でした。

田植えを指導いただく現地の方曰く。

 

師匠  「このくらいの雨だと、本業の方は田植えしません。」

 

参加者 「。」

 

一通り教わって、いざ田植え。

数人で1行になり、苗の行を作っていきます。

列はそんなに気にしなくて良いらしい。

 

 

10人くらいでこの面積を3時間くらいでしょうか。

意外に土の中は暖かかった。

 

 

アメンボやカエルもいました。

 

田植え用の足袋がキツく、途中から素足で作業しましたが、

そちらの方が快適でした。

 

小石が残ってる田んぼもあるそうで、

どこでも勧められるわけではないです。

 

 

 

雨で山が霧がかっています。

 

 

昼食は近くの岩島中学校の理科室で、現地のお母様がたの手作り昼食。

フキが美味しかった。

 

作業後は田んぼから車で15分ほどの

道の駅「あがつま峡」にある天狗の湯で、疲れを癒す。

 

agatsumakyo.jp

 

 

 

夜は古民家に宿泊。

なんと築130年。

 

友人たちと買い出しをして、

各々料理を作り、飲んで眠る。

 

翌朝、散歩。

昨日作業した田んぼを見下ろせました。

 

 

 

朝食を済ませて、帰路に。

予想通り筋肉痛。