行ってみた。

行ってみた。百聞は一見にしかず。

お米を作りに群馬県に行ってみた。稲刈り編。(東吾妻町)

5月の田植えに引き続き、

群馬県まで稲刈りに行ってみた。 

 

7時に都内を出ましたが、現地まで3時間かかります。

関越自動車道の渋滞は織り込み済みで。

 

大人10数名、学生数名の規模。

場所は前回と同じ、東吾妻。

 

前回とは違って晴天!絶好の稲刈り日和です。

何より、空気が綺麗。

 

田んぼの様子は現地のかたが見てくださっていて、

途中、イノシシに入られたりしたようだが、

まぁ、倒れてないところは問題なく食べれそう、とのこと。

 

↓画像左あたりがイノシシが暴れて倒れてしまっている稲。

 

 

いい感じに実って、頭を垂れてます。

 

 

鎌の取り扱いかたと、

刈り取った稲の束ね方を教わってから、

作業開始!

稲の束ね方は後々重要度を思い知ることになります。

 

 

 

陽射しが強く、部分的に田んぼが泥濘んでいて、

それはそれは、大変な作業でした。

農家の方に感謝ですね。

 

 

作業開始後2時間くらいの様子。

半分以上は刈ったでしょうか。

 

 

昼食は近所の元中学校で、

現地の方々の手料理をいただきました。

 

ワカメご飯、

けんちん汁、

サラダ、鶏肉、などなど。

 

作業後のご飯は美味しいですね。

昨年収穫したお米だそうです。

 

 

午後はいよいよ稲を乾燥させる為に

はざかけ

を作ります。(写真右のやつ)

 

鉄パイプを南北に立てて、

そこに稲をかけて行きます。

日の出から日の入りまでムラなく日が当たるようになります。

 

稲の束ね方を間違えたり、緩かったりするとここで手戻りが発生。

疲れが溜まりつつある中での手戻りは痛いです。

 

 

イノシシに倒されてしまった稲を片付けたりしつつ、

夕刻に。

 

最後まで陽射しが強かったです。

日焼けどめ、帽子、などあったほうがいいでしょう。

 

 

 

 

レンタカーを返す時刻があるので、

一足先に帰路に付きました。

 

宿泊組は現地で温泉に入ってから、

買い出しして古民家の庭でバーベキューしたみたいです。

 

レンタカーを返却してから、

近くのイタリアンバルでお疲れ様会。

 

農作業後の一杯は格別です。

 

 

 

ボロネーゼが赤ワインに合う!

少し飲みすぎましたー

 

 

 

 

 

明日は、筋肉痛になるんだろうなー。。

 

 

↓前回の田植えの様子はコチラ

 

yomumiru.hateblo.jp

 

 

次は脱穀、そして餅つきの予定です。