行ってみた。

行ってみた。百聞は一見にしかず。

なりゆきで貨幣博物館(夏休み課題に◎)からの大金星に行ってみた。(日本橋)

 

室町で昼食を済ませて、

日銀でも身に行ってみるかと、散策。

 

貨幣博物館なるものがあったので、行ってみた。

 

 

入口の守衛は礼儀正しく好感がもてる。

無料のロッカーを利用可能、入館も無料でした。

 

2階に上がるとお土産屋。

その奥にムービースペースがあり30席くらいの座席。

 

さらにその奥が展示スペースとなってます。

ムービーでひととおり前提知識を身につけてから展示スペースへ。

 

過去から現在までいろいろありました(端折り過ぎ)。

夏休みの課題向けっぽいアトラクション?も各種仕込まれてました。

そういえば、子連れ客がそこそこ居ました。

 

1億円の重さを実感できる展示。

およそ10kgなのでその気になれば持って走れそう。

 

 

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

 

 

 

 

「和同開珎」なつかしい。中学生で習ったか!?

ワドウカイチンかワドウカイホウかは忘れた。

 

小判は金の純度がどうであろうが、

そこそこ光るようにメッキ加工してたそうです。

 

 

 

 

無料でこの設備・展示はスゴイ。

さすが日本銀行

 

歴博フォーラム お金の不思議―貨幣の歴史学

歴博フォーラム お金の不思議―貨幣の歴史学

 

 

 

夕食を兼ねて、人形町方面の居酒屋を開拓。

大金星に入ってみました。

 

ビールは赤星。最近取扱店増えた!?

 

 

サッポロ ラガービール 350ml×24本

サッポロ ラガービール 350ml×24本

 

 

2階に通されて見晴らしが良い。

甘酒横丁ですね。

 

 

二杯目は大きいハイボール

健康ドリンク的なので割ってあって、元気になりそう。

 

 

コロッケは、白いジャガイモを期待していたが、

今半に対抗しているのか、味が付いていて微妙。。

 

 

 

 

焼きそばは名物らしく、

1時間に1回のまとめてオーダー受けるシステム。

 

オムレツ載せを頼んだらこんな感じ。

麵が見えない。

やや太麺のしっかり系でした。もちもちで美味しい。

 

 

ごつ盛り ソース焼そば 171g×12個

ごつ盛り ソース焼そば 171g×12個

 

 

他にも2~3品頼んだが、

基本的にボリュームあるので満腹になりました。

コスパもよろしい。

 

また機会があれば行ってみます。

 

 

 

灯籠流しを見に、吾妻橋まで行ってみた。(隅田川テラス、浅草)

灯篭流しを見に、

隅田川テラスを北上。

 

駒形橋あたりから、観光客風な人混みが徐々に。

灯篭っぽいのが遠くから見えた。

 

近づいてみようと、吾妻橋越えを試みる。

 

混雑て無理。警備員による規制もあったみたいです。

 

 

やむなく、下流方面へ。

 

遠目に灯篭見えますが、

隅田川の流れがのんびりすぎて

ぜんぜん近づいてきません。

 

 

コンビニで仕入れた缶ビールを飲み干してから

帰路につきました。

 

アサヒ スーパードライ 瞬冷辛口 缶 350ml×24本
 

 

 

※来年行かれるかたへ。

しっかり見たい場合は、前もって陣取って待つことが必要です。

または隅田川に面した飲食店から見下ろす作戦で。

 

 

料理道具を見に、釜浅商店まで行ってみた。(河童橋)

散歩で河童橋まで。

 

ツレの目当ては釜浅商店。

本格的な料理道具が陳列されてます。

明治41年創業、外国人観光客も多く来店してました。

 

最初に入った店は包丁だらけでしたが、

隣にも店舗があり、鍋類がたくさん。

入口には五右衛門風呂みたいな釜がありました。

 

 

浅鍋、冬に使いたい。

釜浅商店オリジナル 南部手付き浅鍋22cm 南部鉄鍋

釜浅商店オリジナル 南部手付き浅鍋22cm 南部鉄鍋

 

 

 玉子焼器に目が留まったが、

使用頻度考えるとどうだろー。って感じ。

釜浅商店  銅製 玉子焼器 関西型 10.5cm

釜浅商店 銅製 玉子焼器 関西型 10.5cm

 

 

帰りに雰囲気のあるお寺を発見。

本覚寺というお寺でした。

 

日蓮宗の寺院で、1951年に馬喰町に建立、その後火事で移転とのこと。

蝉時雨に圧倒される。

 

 

次にアーケードがある商店街に踏み入れる。

あまり栄えてない雰囲気だが、日本で2番目に古い?とのこと。

 

もしかして、定休日?商店街って定休日あるの!?

 

 

歩き疲れて、岩本町の「BEAR'S」で休憩。

ガーリックシュリンプがイチオシらしい。隣は美容院!?

 

ハートランドビールいただいて一息ついた。

帰り際に町を散策している淑女団体9名が来店、騒がしくなったので退散。

 

 

 

夏の散歩は、最後のビールが美味い。

 

 

猫まるちゃんがいるダリア食堂にタジン鍋を食べに行ってみた。(日本橋大伝馬町)

金曜日夜。

メディアはプレミアムフライデーと言っているが、

全く実感はない。

 

とはいえ、腹が減ったので帰り道に

ロッコ料理屋へ行ってみた。

地理的にはアフリカの北側。スペインの真下。

 

 

 

 

ビールは赤星。良い。

一週間の疲れを癒す威力がある一杯目。

 

鍋の前に、ブリックという、包み揚げをオーダー。

 

 

あっさり揚がっているので、

中の卵が半熟というより、生のままです。

ナイフで崩しながらいただいた。美味。ビールに合う。

 

次はブロシェットというラム串を食べてみた。

 

 

ここで食べねばならぬ。

というほどではないが、

なんとなく異国風な雰囲気を醸し出している。

ロッコワインと合わせてみたい。

 

最後にメインのタジン鍋

今回は鳥とレモンのタジン鍋をお願いした。

 

 

芋が結構たくさん入っている。

ホロホロになった鶏肉と芋と、レモンの風味がいい味してます。

 

 

ロッコのパン、名前は忘れた。

これをスープにつけて食べると美味しい。

 

店内にいるまるちゃん。

スコティッシュフォールドかな。

大人しく、店内をうろついたりしてました。

 

 

ビーツのガスパチョ

スペイン料理屋で飲んだことあるが、

ロッコも近いので同じものがあるのかな。

飲んでて、非常に身体に良さそうな感じです。

 

 

終盤、まるちゃんは自分のお家でおやすみ。。

一週間お疲れ様でした。

 

 

 

E07 地球の歩き方 モロッコ 2017~2018

E07 地球の歩き方 モロッコ 2017~2018

 

 

深海展でデメニギスを見に国立科学博物館に行ってみた。(東京・上野公園)

正確には「深海展」ではなく、

特別展「深海2017」〜最深研究でせまる"生命"と"地球"〜

だそうです。

 

ポスターもwebサイトもよくできてます。

右上のデメニギスなんて、特に良い。

デメニギスはなんでそうなったのか、詳しく知りたい、

 

あと、リュウグウノツカイがいないのが少し寂しい。

 

 

少し早めに出発し、開場の9時前には現地到着。

すでに行列ができてます。

夏休みに入ったからか、子供連れが多めな印象。

 

昨日までの炎天下と違って、少し曇ってるのに救われた。

団扇を持参することをオススメします。

 

 

四国団扇 うちわ 花火 約23×37cm

四国団扇 うちわ 花火 約23×37cm

 

 

20分くらい待って、ようやく入場。

 

事前にNHKスペシャルのディープ・オーシャンを観ておいて正解。

南極が巨大生物の楽園です。みたいな回でした。

 

 

こういうのいちいち読んで進むと、すごく時間がかかるので、

そこそこ流し読みで。

 

植物が光合成できないほど、光が弱くなる

200mくらいから「深海」と呼ばれるそうです。

 

 

水圧で潰れたバットの展示。

 

 

南極にすげーたくさんいるらしい

「ナンキョクオキアミ」

節足動物門、軟甲網、オキアミ科

 

海老みたいですね。

ちなみに伊勢海老は

節足動物門、軟甲網、イセエビ科 です。

 

 

カグラザメの顎。

結構深いとこにいるんですね。

 

 

発光生物とかいろいろありましたが、

今回は巨大生物に興味あり。

ポーラー・ジャイガンティズム って言うみたいです。

 

原因は諸説あるそうです。

 

 

サメ。でかい。

オンデンザメ。

 

 

出ました、ダイオウグソクムシ

葛西臨海水族園にもいましたね。

 

 

標本でこう展示されると、

少し切ない。。

 

深海生物シリーズダイオウグソクムシ ぬいぐるみ特大 グレー 7317

深海生物シリーズダイオウグソクムシ ぬいぐるみ特大 グレー 7317

 

yomumiru.hateblo.jp

 

 

こちらも有名。ダイオウイカ。

 

 

非常に美味しくなさそうな見栄えで展示されてました。

 

 

生命の起源の展示も。

1、深海熱水起源説

2、宇宙起源説

3、陸上温泉起源説

どれが本命でしょうか。。

 

 

幼少の頃にもみた記憶がある

しんかい6500

※子供の頃見たのは、も少し数字が小さかった。たしか2000。

 

 

海底資源のコーナーも。

石油やメタンハイドレートは有名ですね。

 

 

マンガンノジュール。初耳です。

正露丸みたい。

 

 

【第2類医薬品】正露丸 400粒

【第2類医薬品】正露丸 400粒

 

 

 

マンガンクラスト。これも初耳。

 

 

レアアース泥。

技術開発が進めば輸入に頼らなくて済むのかな。

 

 

チムニーと聞いて、居酒屋を思う自分はいかがなものか。

煙突です。

海底の熱水鉱床の事です。

 

 

↑こんなに大きくなるみたいです。

 

 

8月にディープオーシャンの第3集が放送です。

NHKスペシャル、いいですね。

 

 

お土産コーナーで、

ようやくリュウグウノツカイ発見。

 

 

しんかいさん 竜宮のつかい ぬいぐるみ 5251A

しんかいさん 竜宮のつかい ぬいぐるみ 5251A

 

 

 

出ました、海洋堂

「深海2017」会場限定。

 

一回だけトライして、

見事にデメニギスを当てて、満足。

 

 

デメニギス ぬいぐるみ 33cm?

デメニギス ぬいぐるみ 33cm?

 

 

すみだ水族館にも海洋堂のガチャありましたね。 

yomumiru.hateblo.jp

 

 

会場マップはこちらです。

 

 

少し混んでましたが、見応えありましたー。

帰りに常設展をふらふらみてから、

イアコッペのコッペパン買って帰りました。

 

カレンダー「深海生物図鑑」2017年版

カレンダー「深海生物図鑑」2017年版

 

 

 

 

 

釜めし春でランチしてから、ほおずき市に行ってみた。(浅草)

最近、釜めしがマイブーム。

浅草まで散歩して、釜めし春に2回目の訪問。

 

昼過ぎということもあり満席。

テーブル席を希望して、2階で順番待ち。

 

ようやく席に付き、まずはビール。

瓶ビールはアサヒとサッポロがあります。

 

 

 

 

更に待つ事20分。

釜めしがきました!

 

今回は鯛釜めしと鳥釜めし。

両方出汁が沁みてて美味しい。

 

鯛は意外にあっさり。

鳥は想像通りの味でした。

 

全種類制覇するまで通います?

 

 

食後に浅草寺ほおずき市を見に行ってみた。

 

ほおずきがたくさん並んでいます。売り子も元気が良い。

 

 

四万六千日ってなんだろう?って調べたら、

 

平安時代頃より、観世音菩薩の縁日には毎月18日があてられてきたが、室町時代末期(16世紀半ば)頃から、「功徳日」といわれる縁日が設けられるようになった。功徳日とは、その日に参拝すると、100日、1,000日分などの功徳が得られるという特別な日を指す。功徳日は寺社によって異なるが、現在、浅草寺では月に1度、年に12回の功徳日を設けている。このうち7月10日は最大のもので、46,000日分の功徳があるとされることから、特に「四万六千日」と呼ばれる。この数の由来は諸説あり、米の一升が米粒46,000粒にあたり、一升と一生をかけたともいわれるが、定かではない。

 

勉強になりました。

 

 

 

夏は瓶から小さいグラスに注いで

ビールを飲むのが好きです。

 

 

 

うすはりグラス タンブラーL 木箱2個セット

うすはりグラス タンブラーL 木箱2個セット

 

 

 

混雑必至 日本橋アートアクアリウム2017 に行ってみた。(三越前)

ECO EDO 日本橋アートアクアリウム2017

 

昨年、三越前の駅付近ですごい行列をみた時から気になってはいた。

建物の都合上、行列は三越前駅付近の地下に行列を作って、

都度流し込む運用らしい。

 

今年はオープン翌日に行ってみた。

 

開場は11時から。

到着したのは9時45分。

前に6名いました。

 

開場は三井ホールの5階。

コレド室町1の4階に行ったん並びましたが、

4階入り口置く、

4階エスカレーター前、

5階入り口前、

と3回誘導されて、最終的に入り口手前まで。

 

細かく誘導することで、列が動いてる感を醸し出してるのでしょうか。

 

75分は長かった。

ひまつぶしグッズを持参したほうがいいです。

 

 

入ってすぐの通路に水槽が10個ほどあります。

ライトアップされて綺麗。

 

一眼レフ持った撮影目的の客が多い。

※フラッシュ使わなければ、撮影自由とのこと

※三脚は利用不可

 

 

格安スマホのカメラがいまいちでテンション下がる。。

 

 

通路を抜けると大広間的な空間が広がります。

開場20分くらいで、そこそこの人混みになるので、

撮影目的であれば早めに並ぶのが良いでしょう。

 

↓開場直後のため、人がまばら。

 

 

巨大な提灯みたいな水槽に金魚がたくさん。

ライトの色が変わって、幻想的です。

 

 

ヒトデもいました。

 

 

赤系色の時はこんな雰囲気。

 

 

明るいとこんな雰囲気。

 

 

エビ的なのもいました。

 

 

徐々に混雑してきます。

そして少し金魚の水槽の臭いがする。

 

 

運営側のそれっぽい記載も壁にあり。

 

 

水槽に名前がついているようです。

超花魁。

 

 

ムービーと水槽の合わせ技もあります。

 

 

ナイトアクアリウムと称して、夜バージョンもあるようです。

獺祭は19時から。

 

 

獺祭(だっさい) 純米大吟醸50 720ml

獺祭(だっさい) 純米大吟醸50 720ml

 

 

 

水墨画を模したデメキンは良かった。

手前は玉手箱のような水槽。

 

 

その気になれば15分程度で観終えてしまいます。

出口付近にはお土産屋あり。

 

 

当日券1,000円と思えば、まぁこんな感じでしょうか。

一番を狙って75分並んだので、その分快適ではありました。 

 

  

 

アートアクアリウム プリズリウムF18 リュウキンミックスver.