行ってみた。

行ってみた。百聞は一見にしかず。

第4回よるかつらに行ってみた。(日本橋室町)

普段は洋食屋の「レストラン桂」が

“日本酒✖️洋食”

の魅力を体験していただくべく「よるかつら」として、

1日限定で営業してるとのことで、行ってみた。

 

洋食はレストラン桂の2代目シェフ手塚清照氏のオリジナルメニュー。

日本酒は人形町佐々木酒店の4代目佐々木邦秀氏がそれぞれ日本酒を合わせます。

 

 

会場は18時から。あいにく台風接近の影響で秋雨前線が元気。

 

 

 

19時すぎに到着しました。ほぼ満席。

入り口あたりでスペースを確保。

 

人混みを搔い潜っって、お酒とご飯をゲット。

いきなり日本酒を飲み始めることに抵抗がなくなってきました。

 

 

綿屋もありました。お気に入りです。

 

 

 

店内はこんな感じ。立ち飲みですね。

もともとそんなに広くはない。

 

 

フードの仕上がりごとに、スタッフが知らせてくれる。

 

これは串カツ。牛です。

揚げたてを、購入の際にドボンとソースに付けさせてくれます。

その辺の串カツ屋さんとは一線を画す味。さすが。

 

 

日本酒なので、ブリ大根。

 

これも味が染みててうまい!

日本酒に合います。

 

 

フードは1品500円。

ドリンクというか日本酒も一杯500円。

 

ただし、2,500円で飲み放題になります。

↓のバンドがその印。

 

 

5〜6杯でいい気分になり、店を後にしました。

前回の教訓で、お水を1リットル飲みながらでした。

 

↓前回 

yomumiru.hateblo.jp

 

 

でも、なんだかんだで、ビールが飲みたくなって、ハシゴ酒。

近くのこけこっこという店で軽く飲み直して終了。

ここの餃子は小さめでさっぱりなので、二次会向きですね。

 

 

 

 

 

 

明日もあるので、ほどほどにしました。

 

 

お江戸 春鹿会2017に行ってみた。(シェ松尾・青山サロン、渋谷)

友人夫妻に誘われて、

渋谷のシェ松尾で開催の「お江戸春鹿会」に行ってみた。

 

国連大学近くのフレンチレストランを貸切。

100名くらい集まってました。

 

 

入り口で、蔵元の社長がお出迎え。

気さくな方でした。

自らお酒の解説をひと皿毎にしてくれました。

 

指定席で、着席して待ちます。

 

 

左側は通常のフレンチのメニュー。

右側は料理に合わせて出される日本酒。

 

そうなんです。

1皿毎にテーブルに4合瓶が出ます。

テーブルにもよりますが、4〜6名で1本ですね。

大丈夫なのか??

 

普段、日本酒は飲み慣れてないので、

やや緊張。

 

1品目は、

ウニのババロワとキャビア根セロリのソース。

純米吟醸生酒」

(精米60%、15度)

 

とても飲みやすいお酒です。

 

 

 

 

食用菊で、菊酒としていただきました。

重陽節句で、邪気を払うためとか。

 ツレは菊をパクパク食べてました。

 

 

2品目は、

ブロッコリーのサラダと小エビのベニエ

「生酛純米超辛口生原酒 青乃鬼斬

(精米60%、18度)

 

ガツンときますね。小エビに合います。

 

 

 

 

3品目は、

フォアグラと田舎風パテのパイ包焼き、

アミガサ茸のソース、トリュフの香り。

「旨口四段仕込純米酒

(精米70%、16度)

 

このソースの香りが良過ぎて、

日本酒あまり覚えてない。。

 

 

 

 

4品目は、

自家製ハムとマスカルポーネチーズのトルテッリーニ、

キノコのブイヨンスープ。

純米吟醸生詰 ひやおろし

(精米60%、16度)

 

こちらはややスッキリ系。

 

 

 

 

5品目は、

白身魚の低温調理、トマト風味の衣焼き、

ノイリーソース、ズッキーニのピュレ添え。

純米吟醸生原酒 雫下210日熟成」

(精米55%、17度)

 

衣にスパイスも入ってて美味しい!

この辺りから日本酒の味の識別が曖昧になる。

 

  

 

 

6品目は、

牛フィレ肉のポワレ

ベルシーとタラゴン風味のクリームの二色ソース。

「13年熟成 純米秘蔵古酒」

(精米58%、18度)

 

肉美味しい。ソースも美味い。

負けずに存在感のある古酒。

こちらは冷やと燗のふた通りで出されました。

 

 

最後に

季節のデザート。

 

 

で、結論。

オススメはこちら。

一杯目のアドバンテージはありますが。

 

 

お料理も素晴らしく、

お酒も美味しくいただきました!

 

次回は年末らしいです。

 

 

 

ミズクラゲを見にアクアパーク品川へ行ってみた。(港区高輪、品川プリンスホテル内)

涼しくなってきたので、サイクリングがてら、

アクアパーク品川に行ってみた。

 

品川水族館でもいいかな?と思ったが、

品川駅近くのこちらのほうが交通の便が良い。

 

夏休みは9時から開館してたらしいが、

9月からは10時開館。

 

品川駅を出て、WING高輪を突っ切るとすぐです。

徒歩5分かからないくらい。

 

 

 15分くらい前に到着した時点で、すでに行列。20名くらい?

 

 

行列は、チケット持参している人の列と、

これから購入する人の列に分かれてました。

 

入場すると、いきなり遊園地にあるような海賊船。

屋内に作っちゃったんですね。

乗船するには別途チケットが必要です。

 

隣にはメリーゴーラウンドもありました。 

 

 

常連らしき人たちが経路と違う方向に急ぎ足で向かっていくのに気がついて、

ツレの嗅覚?なのか、それを追跡することに。

 

エレベーターに乗って上階へ。

チケットカウンターにつきました。

 

イベントのチケット販売へ急いでいたようです。

イルカと握手するやつとか、いくつかありました。

 

ショーは11:30から。今10時過ぎ。

 少し迷ったが、90分は待てない。スルーします。また今度。

 

 

ちなみにドルフィンパフォーマンスのタイムテーブルはこちら。

 

 

で、通常の水族館鑑賞にもどります。

おそらく、今は終盤地点にいるので、逆走することになってます。

 

開館と同時に入場した群衆はまだここまで来てないので、

すごく空いてます。

 

チューブみたいな水槽で、エイが気持ち良さげに泳いでます。

 

 

間近で見ると、相当でかい。

 

 

サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑

サメガイドブック―世界のサメ・エイ図鑑

  • 作者: アンドレアフェッラーリ,アントネッラフェッラーリ,谷内透,御船淳,山本毅
  • 出版社/メーカー: 阪急コミュニケーションズ
  • 発売日: 2001/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 17回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

 

 

ようやく入り口付近に戻りました。

なんか、花火?がモチーフらしい、電飾系の展示もあります。

静止画だと全然わからない。。

 

 

移動途中の階段踊り場的な場所では、

撮影の行列ができてました。1枚無料です。

 

 

普通に、金魚と花火みたいな水槽もあります。あと風鈴も。

 

 

アルコールも置いてあるバーがあって、

カウンターにプロジェクションマッピング的なのありました。

とても綺麗で雰囲気良かったけど、

これも静止画だと全然伝わらない。。

 

 

 

 

壁一面の大きい水槽を斜め横から。

イソギンチャクが涼しげ。

 

 

で、ようやくミズクラゲ

鉢虫綱・旗口クラゲ目・ミズクラゲ科のミズクラゲです。

 

 

 

 

たまに行く水族館はなかなか良い。

年間パスポートがほぼ入場の倍額で売ってて、少し迷う。

 

  

yomumiru.hateblo.jp

 

揚げバームクーヘンにびっくり、オクトーバーフェストに行ってみた。(日比谷公園)

午後から天気が良くなったので、

日比谷公園で開催中のオクトーバフェストに行ってみた。

ビール祭りです。

 

元々はドイツのバイエルン州ミュンヘン市で開催されているもの。

きっかけは1810年、当時の皇太子ルードヴィヒとザクセン皇女の結婚式を多くのミュンヘン市民が祝ったお祭りらしい。

 

 

日比谷駅から公園寄りの出口に出て、

会場に入った。

 

午前中雨降りだったので、

空いてるかなーと期待したけど、混雑。

 

噴水広場を3周くらいして、

ようやく空席を発見。

歩きまわるより、飲み終えそうなグループを張ってるほうがいいかも。

 

 

富士桜も出店してました。

全然ドイツじゃないじゃん。

 

 

一杯目は、ピルスナーヴァイツェン

あとポテトフライ。

定番ですね。

 

 

 

完全に晴れて、

人出も多くなってきました。

 

 

日差しを浴びて飲むビールは

5割り増しくらいでおいしい。

 

 

いろんな店を物色。

 

グラスの仕組みだけ要注意。

1杯目の購入時に1,000円デポジットを預けます。

つまり1,200円のビールを初回に頼むなら2,200円必要。

 

預けた1,000円は、最後のグラスの返却時に戻ってきます。

 

お代わりする際は、どの店のものでもグラス持参であればグラス代なしでオーダーできます。

 

 

 

ポテトフライは想像通り、

ローストビーフはまずい。

あまり食事は期待しないほうがいいのか?

 

とある店に、揚げバームクーヘンを発見!

ドイツのものなのですか!?

ドイツで流行ってるんですか!?

 

詳細不明だが、

ここでしか食べる機会なさそうなので購入。

ジャンク感満点である意味期待通りの味。

 

 

トイレは仮設が増設されていて、

そこまで混雑してませんでした。

 

帰りは公園を少し散策。木漏れ日が綺麗。

 

 

 

 

 

角打ちNIGHT@新川屋佐々木酒店となり倉庫に行ってみた。(人形町、甘酒横丁)

来月は日本酒のイベントに参加する予定がある。

日本酒が嫌いにも関わらず。

 

なので、見直す意味で角打ちに行ってみることにした。

 

もともとビール党で、最近はワインも飲む。

あとは、ウイスキー、焼酎あたり。

 

日本酒の最初のイメージは学生時代に遡る。

確か南武線矢野口駅近くの養老乃瀧での熱燗が最初だ。

 

まず、熱い(猫舌です)から無理。だったら頼むな的な。

冷めてもなんだかベタベタしている感じが好きではなかった。

 

正月のお屠蘇もその関係で、飲まずキライ的な対応を続けている。

順序を正確には子どもの頃に無理やり飲まされたお屠蘇のほうが先でしたね。

 

お屠蘇 セット KIN胴張屠蘇器揃

お屠蘇 セット KIN胴張屠蘇器揃

 

 

 

社会人になって、学生時代の仲間と集まる機会があり、

そこでやっと「美味しい!?」という日本酒に出会う。

 

居酒屋を探してさまよっているときに、

たまたま見つけた西横浜駅付近の和田屋。

 

その女将が強引なサービスで出してくれたのが、

 永井酒造の、水芭蕉

 

 

それまでのイメージを一新して、スーっという飲み口。

当時は感動的だった。

 

とはいえ、飲みなれているものから乗り換えるほどではなかった。

 

 

で、角打ちイベントだが、

開場直後に訪れたにも関わらず既に混雑している雰囲気。

 

 

まずは、甘酒横丁の「からあげ とり多津」で空揚げを仕入れて、

 隣が佐々木酒店なので、秋味(ビール)を買ってから会場へ。

 タイトルにあるように倉庫スペースが会場で、

6~8人用テーブルが4本くらい並んでいた。

 

奥には冷やされた一升瓶が4~5本用意されてて、

ぐい呑み1杯で、300円~500円。

あとモツ煮込みも用意してあった、これは1杯500円だけど、

行きわたらないと判断したのか、少量で300円に変更されてた。

 

ちなみに、モツを作ってくれてるのはダリア食堂の女将。
yomumiru.hateblo.jp

 

 

日本酒には詳しくないので、店主に雰囲気を伝えてオーダー。

ビールをチェイサーにいろいろ4杯くらい飲んで、いい気分。

地元の方々とも談笑。

 

「綿屋」がおいしかったので、

4合瓶を隣の店舗で購入して帰宅。

  

綿屋 純米大吟醸美山錦平成27年度醸造分720ml

綿屋 純米大吟醸美山錦平成27年度醸造分720ml

 

 

日本酒を飲み慣れてないからか、

立ち飲みだったからか、

チェイサーのビールが1リットルすすんだからか、

結構酔った。

 

 

キリン 秋味 缶 500ml×24本

キリン 秋味 缶 500ml×24本

 

 

ジムで筋トレしてから筋肉食堂に行ってみた。(水道橋)

早起きして、近所のジムで筋トレ。

 

その後、散歩しながら水道橋方面へ。

水道橋駅の近くに筋肉食堂があります。

 

店舗は六本木にもあるようです。

店舗のその名前の通り、高タンパク・低カロリーレストラン。

 

 

日曜日も営業してます。

11:30の開店前に到着、

入口がわかりづらいのですが、看板から右に行った所にある、

ビル入口から入って、地下一階です。

 

 

サッポロ ヱビスビール 350ml×24本

サッポロ ヱビスビール 350ml×24本

 

 

 

開店と同時に、7〜8名くらい着席。

カウンター席もあって、お一人様でも無問題。

筋トレしてそうな雰囲気のスタッフがテキパキとしててよろしい

意識高い系のメニュー?です。

 

 

サービスでプロテインが出されました。

バナナ味かな?

 

 

DNS プロテインホエイ100 バナナ風味 1000g

DNS プロテインホエイ100 バナナ風味 1000g

 

 

 

徒歩できたので、まずはハイボール

(ビールより良いらしい、ちなみにビールは置いてない)

 

 

 

 

鶏むね肉と赤身肉ハンバーグのセット。

ソースが数種類あるので、それで工夫する系です。

大蒜醤油タレと黒胡椒でいただきました。

塩レモンタレでも良かったかも。

 

 

ハンバーグはレアなので、鉄板のうえに乗ってる熱い石でさらに焼く。

※ペレットと言うらしい。鉄板よりも加熱してあるそうです。

 

 

からあげもお美味しくなるにんにく醤油 300ml×4本

からあげもお美味しくなるにんにく醤油 300ml×4本

 

  

 

帰りはバイクシェアを初めて利用してみた。

文京区、中央区、港区、新宿区、江東区、など結構カバーしてる範囲が広い。

都内の移動に良いかも。

近所の公園まで乗って帰れました。

 

 

電動自転車に乗るのも初めてだったが、快適でした。

坂とか、漕ぎ始めとかのアシストが優れてます。

 

 

 

 

 

なりゆきで貨幣博物館(夏休み課題に◎)からの大金星に行ってみた。(日本橋)

 

室町で昼食を済ませて、

日銀でも見に行ってみるかと、散策。

 

貨幣博物館なるものがあったので、行ってみた。

 

 

入口の守衛は礼儀正しく好感がもてる。

無料のロッカーを利用可能、入館も無料でした。

 

2階に上がるとお土産屋。

その奥にムービースペースがあり30席くらいの座席。

 

さらにその奥が展示スペースとなってます。

ムービーでひととおり前提知識を身につけてから展示スペースへ。

 

過去から現在までいろいろありました(端折り過ぎ)。

夏休みの課題向けっぽいアトラクション?も各種仕込まれてました。

そういえば、子連れ客がそこそこ居ました。

 

1億円の重さを実感できる展示。

およそ10kgなのでその気になれば持って走れそう。

 

 

宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

 

 

 

 

「和同開珎」なつかしい。中学生で習ったか!?

ワドウカイチンかワドウカイホウかは忘れた。

 

小判は金の純度がどうであろうが、

そこそこ光るようにメッキ加工してたそうです。

 

 

 

 

無料でこの設備・展示はスゴイ。

さすが日本銀行

 

歴博フォーラム お金の不思議―貨幣の歴史学

歴博フォーラム お金の不思議―貨幣の歴史学

 

 

 

夕食を兼ねて、人形町方面の居酒屋を開拓。

大金星に入ってみました。

 

ビールは赤星。最近取扱店増えた!?

 

 

サッポロ ラガービール 350ml×24本

サッポロ ラガービール 350ml×24本

 

 

2階に通されて見晴らしが良い。

甘酒横丁ですね。

 

 

二杯目は大きいハイボール

健康ドリンク的なので割ってあって、元気になりそう。

 

 

コロッケは、白いジャガイモを期待していたが、

今半に対抗しているのか、味が付いていて微妙。。

 

 

 

 

焼きそばは名物らしく、

1時間に1回のまとめてオーダー受けるシステム。

 

オムレツ載せを頼んだらこんな感じ。

麵が見えない。

やや太麺のしっかり系でした。もちもちで美味しい。

 

 

ごつ盛り ソース焼そば 171g×12個

ごつ盛り ソース焼そば 171g×12個

 

 

他にも2~3品頼んだが、

基本的にボリュームあるので満腹になりました。

コスパもよろしい。

 

また機会があれば行ってみます。