趣味は散歩です。

趣味は散歩です。と履歴書に書くにはどのくらい散歩すればいいのだろうか。

光琳と乾山を鑑賞しに根津美術館に行ってみた。庭園が最高でした。(港区南青山)

根津美術館へ。

私立美術館だそうです。キレイな建物。

 

表参道駅から徒歩で、十数分。

今日は夏みたいな陽気なので、半袖で外歩けます。

 

 

外壁は竹林の緑が鮮やか。

 

 

今回観にきたのは

光琳と乾山 芸術家兄弟響き合う美意識」

です。

 

尾形光琳は知ってたが、

尾形乾山は今回初めて知りました。

 

尾形光琳(1658~1716)は

江戸時代の半ばの画家です。

弟の乾山は陶芸家だそうです。

 

 

尾形光琳―江戸の天才絵師

尾形光琳―江戸の天才絵師

 

 

 

美術館内、二階ロビーに根津嘉一郎さんの銅像

逆光でよく見えなくてスミマセン。

 

東武鉄道の社長などを務めた実業家、

根津さんが蒐集した

日本・東洋の古美術品コレクションを保存し、

展示するためにつくられた美術館です。

 

東武王国―小説 根津嘉一郎 (徳間文庫)

東武王国―小説 根津嘉一郎 (徳間文庫)

 

 

 

正午ころ訪れたのですが、

そこまで混雑しておらず、ゆっくり鑑賞でしました。

 

で、その後は庭園へ。

散歩して驚いたのはその広さ。

都心なのにすごい空間です。

 

ところどころに銅像とか置いてあります。

 

 

ちょうど緑が鮮やかな季節で、

気持ちが良い。

 

 

亀も甲羅干しして気持ち良さそう。

 

 

 

 

 

庭園マップはコチラ。

茶室もありますし、神社っぽいのもありました。

 

 

静かな水面が鏡みたく、

美しい。

 

 

尾形光琳の屏風にもなってますが、

燕子花(かきつばた)が咲いてました。

 

 

 

和雑貨 綿風呂敷 燕子花図 エンジ 50×50cm

和雑貨 綿風呂敷 燕子花図 エンジ 50×50cm

 

 

 

藤棚も。

蜂が嬉しそうに飛んでます。

 

 

美術館内の展示もよかったですが、

今回は庭園散策のインパクトの方が強かった。

 

また違う季節に行ってみたい。

 

 

 

フランス人がときめいた日本の美術館

フランス人がときめいた日本の美術館