趣味は散歩です。

趣味は散歩です。と履歴書に書くにはどのくらい散歩すればいいのだろうか。

「名作誕生ーつながる日本美術」を見に東京国立博物館に行ってみた。埴輪に癒され、如来の表情に感動。(台東区上野公園)

東京国立博物館へ行ってみた。

 

上野公園内にある、

国立西洋美術館国立科学博物館東京都美術館、は

入ったことがあるが、東京国立博物館は初めて。

 

上野公園の北側、JR鶯谷駅南部に位置しています。

 

 

正門からチケットを見せて中に入ります。

敷地が広い。

 

本館の他に平成館、東洋館、表慶館

法隆寺宝物館など、多数の建物あり。

 

今回の「名作誕生ーつながる日本美術」は

平成館での展示会でした。

 

 

「國華」という美術誌の創刊130周年記念。

 世界最古の美術雑誌だそうです。

 

 

開館直後でこのくらいの行列。

混雑防止のため、数段階に分けて入場させてる運用でした。

 

館内は広々してて、あまり混雑は感じませんでした。

展示数も多い。通路も広い。

 

 

若冲とか雪舟は有名なので記憶にある。

 

若冲の鶴の絵のコーナーは

手本となった中国絵画と、若冲より前の世代の狩野探幽

同じ作品を模写したものが並べて比較展示されていた。

 

創造的模倣。みたいな。

 

伊藤若冲作品集

伊藤若冲作品集

 

 

 

 

普賢菩薩も国宝の「普賢菩薩騎象像」「普賢菩薩像」が

同時に展示されてました。平安時代の作品です。

 

仏像大図鑑 如来・菩薩像のすべて (エイムック 4025)

仏像大図鑑 如来・菩薩像のすべて (エイムック 4025)

 

 

 

二階ロビー付近には

見返り美人を探せ!的なsns連動企画もあり。

 

ウォーリーを探せのパクリですかね。

snsにアップすると、なんと事務局から認定!のレスがつきます。以上。みたいな。

 

 

 

NEWウォーリーをさがせ!

NEWウォーリーをさがせ!

 

 

 

内部の廊下。

他の美術展のポスターがずらり。

次に行く美術展の参考になりました。

 

 

途中、おそらく本館への連絡通路を通っていて、

いつの間にか本館の展示へ。

 

修学旅行生とか、外国からの観光客とか多め。

 

焼き物、窯場の分布図ありました。

こんなにあるのか。

いや、波佐見とかないので実際はもっとか。

 

 

器の教科書 (e-MOOK)

器の教科書 (e-MOOK)

 

 

 

 

フリーWIFIありましたが、

メアド認証必要な使えないやつでした。

なんでこんなに使いにくくするのか謎。

 

 

埴輪になんだか癒される。

 

 

 

 

 

表慶館

「アラビアの道、サウジアラビア王国の至宝」

がやってたので、ついでに鑑賞。

 

 

サウジアラビア 中東の鍵を握る王国 (集英社新書)

サウジアラビア 中東の鍵を握る王国 (集英社新書)

 

 

祈る男。

なんだか切実さが伝わってきます。

 

 

たくましい像、兵隊かしら。

日本の像とは骨格が違うように思える。

 

 

・・・。

 

 

墓石いろいろ。

平面ではないところにも綺麗に彫ってあります。

 

 

サウジアラビア王国―日本大使の日記

サウジアラビア王国―日本大使の日記

 

 

 

次に、東洋館。 

 

 

アフガニスタン如来の表情がキレイでした。

 

 

 

最後に法隆寺宝物館。

ここが最も落ち着いた雰囲気でした。

 

 

保存のため、薄明かりに照らされた仏像が神秘的。

これは見た方がいいです。

 

 

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

木に学べ―法隆寺・薬師寺の美 (小学館文庫)

 

  

法隆寺を歩く (岩波新書)

法隆寺を歩く (岩波新書)

 

 

美術展3〜4回分を一度にみた感じ。

歩き疲れました。。。

 

 

タニタ(TANITA) 歩数計 PD-635 BK

タニタ(TANITA) 歩数計 PD-635 BK